ロゴ
>Column>似ているが実は異なるもの!エンパスとHSPの違い

似ているが実は異なるもの!エンパスとHSPの違い

手

スピリチュアルに興味がある人なら、エンパスやHSPという言葉を聞いたことがあるという場合も多いでしょう。エンパスは、スピリチュアル的な意味において普通の人より敏感に、さまざまなことを感じ取ってしまう性質のことです。そして相手の気持ちや考えが分かってしまったり、見えないものが見えてしまったりするという特徴があると言えるでしょう。一方のHSPは、強い光などの刺激に弱かったり、忙しい状態が続くと一人になって刺激を避けようとしたりするといった敏感体質だとされています。そしてHSPは、周囲の状況に敏感過ぎるというマイナス面だけでなく、香りや味などの繊細な違いを楽しむことが出来て、内面世界が豊かな人が多いといったプラスの面もあります。

エンパスとHSPの共通点としては、感受性が高くて敏感なことであり、そのことでよく疲れたり生きづらさを感じたりしているということだと言えるでしょう。しかしその感受性の高さにより、豊な内面を持っていたり、普通の人には気づかないような細かい点に気付くことが出来たりするといった優れた点も共通していると言えます。しかしエンパスがスピリチュアルな能力であるとされる一方で、HSPは特にスピリチュアルな性質のものではないという点に違いがあります。そしてエンパスは、HSPの持つ感受性の高さにスピリチュアル的な共感能力をプラスしたものだということも言えるでしょう。また、HSPの人はスピリチュアルなものに興味を持っている場合が多いため、必然的に両者には重なる部分の多くなるということが言えます。

オーロラ